天然ヒバまな板
天然ヒバまな板

天然ヒバまな板 先行予約購入はコチラ
天然ヒバまな板 画像

職人が語る天然のヒバまな板とは

こだわり
生産者

製作、梱包まで全て手作業で行っています

ヒバまな板の特徴

  • 柾目の木目
  • 抗菌効果
  • 防カビ効果
  • リラックス効果
  • 防虫効果
  • 脱臭効果
天然ヒバまな板 先行予約購入はコチラ

天然ヒバまな板ができるまで

逸品ストーリー

天然ヒバまな板を求めて

ここは青森県のむつ市。
本島の最北端である下北半島の小さな村。
そこに天然のヒバを加工する職人さんがいると言う情報を聞きつけ早速アポイントを取る。
八戸から1時間半、車を走らせ、途中、風力発電機がたくさん連なるのを見て、風が強く自然の厳しい所だと肌で感じた。
むつ市に入り間もなくすると国道沿いにそれは見えた。

「下北銘木」
外観からは想像もできない建物である。
だが良く見るとこの看板も立派な一枚のヒバを使用していた。
中に入ると、そこから空気感がガラッと変わったのは今でも鮮明に覚えている。
まるで森の中に入ったかのように心地良い匂いと埃っぽさ。
いや。埃ではなくヒバのカスであるとすぐに分かった。
気分的に全く嫌な感じがしない。

そこに今回のキーマンの職人「川口さん」が立っていた。
訪問した我々を温かく迎えてくれた。

そもそもウチの家庭では、たまたまヒバのまな板を使っていたので良さは何となく実感していたが、どのような作用で良い物なのか裏付けが欲しかった。
今回の旅はネットからの情報ではなく匠である職人の話を直接聞きたかった。
まず、ヒバの木の最大の特徴として「ヒノキチオール」と言う成分が入っており、日本在来種の「ヒノキ」にはこの成分はわずかしか含まれていない。
最も含有されているのが青森の「ヒバ」と言う事である。

低濃度でも抗菌作用がとても強く、「虫を寄せ付けない」「雑菌類」「ダニ類」「カビ類」の増殖を抑え、最大の効果としてこの心地良い「ニオイ」なのである。
青森の弘前大学ではこの「ニオイ」だけでも抗菌作用があると証明している。
古くから地元の人達の中では樹液を切り傷や火傷にもに薬として使用していたらしい。
ここ最近、この「ヒバ」の持つ魅力が科学的に明らかになってきた。
と言う素晴らしいストーリーが隠れていた。

そして川口さんは言う。
「夏の作業場には蚊がいないよ。不思議だね」と。
虫も寄って来ないほどニオイが強いのである。
例えるならヒノキのニオイが増した感じ。
木目にも特徴があり厳選された物を使用していると言う。
なおかつヒバの木は腐らないというから不思議だ。

何十年も使った1枚板のテーブルのリペアをしていたのを見て我々一行は納得せざるを得なかった。
何十年も使える本物であると。
そして厳しい環境の中で育ってきた天然のヒバの持つ魅力に引き付けられながら続けて職人の話を聞かせてもらった。
更には今回の逸品であるまな板の制作工程を実際に見させて頂いた。

職人が作っている「まな板」そして削った時に出るヒバの粉を使用した「枕」は全国を行商し販売しているスタッフがいると言う。
人件費等、経費がかなり掛かるので物産展での販売価格は高い印象だが否めないと言う。
そんな中、前向きな交渉をさせて頂き弊社でも取り扱わせて頂く許諾を受けた。

天然ヒバまな板 先行予約購入はコチラ

ヒバまな板の感想

感想1 感想2 感想3

大切な方へのお中元に!
お土産・お祝いのプレゼントで!

天然ヒバまな板 先行予約購入はコチラ

受注・配送期間

受注 完全受注制 商品は完全受注制になります。
注文を受けてからヒバを削り出します。
発送までに少しお時間がかかる事をご了承ください。
配送 お申込み順に配送 天然のヒバを使用し、職人が一つ一つ丁寧に仕上げていますので、発送までに少しお時間がかかる事をご了承ください。
お申込み順に配送いたします。

※商品の特性上、お届け日及び時間の指定を承ることは出来ません。
※ヒバまな板は青森からの発送の為、天候事情に大きく左右されます。お届けの大幅な遅れ、お届けできない場合もございますので予めご了承下さい。
※伊豆諸島(大島、八丈島は除く)小笠原諸島への配送は別途お問い合わせ下さい。

売り切れ次第終了となります。
是非、この機会にお買い求めください!

商品価格
商品名天然ヒバまな板
生産地青森県むつ市
量・サイズ縦幅24,5cm、横幅39.0cm、厚さ2,0cm
送料送料込み
配送ヤマト便
注意事項--
天然ヒバまな板 先行予約購入はコチラ